環境コム

コムショップ通販のメンバーによる環境問題について考えていくブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< そ −そらまめ君をご存知ですか?− | main | た −待機電力は日本の全電力消費量の10%を占めています− >>

アベに会ったら聞いてくれないか。アフリカ問題を来年のサミットの議題にするのかって

今年の主要国首脳会議(サミット、昔は先進国首脳会議という名前でしたね)はドイツのハイリゲンダムで6月6日から6月8日の期間中におこなわれたわけなんですが、この時期にU2のボノがこんな発言をしているんですね。

 「アベに会ったら聞いてくれないか。アフリカ問題を来年のサミットの議題にするのかって


U2というロックバンドはアイルランド出身で、そのU2のフロントマンであるボノはことあるごとに政治的な発言、特にアフリカの貧困に対する救済を訴えてきたわけで、やり方としては今回のように、自身の有名ロックアーティストとしての知名度や話題性を活用して、世界各国の首脳たちに積極的に語りかけ、話題を作り、世論での意識啓蒙も図るという方向性なんです。U2の「ヨシュア・トゥリー」というアルバムは全世界に2000万枚というセールスを記録しているんですが、そんなスーパーマンのような人でも、地道な一人一人の意識の変革という方法でしか問題を解決できないと考えているんです。根っこは環境問題の考え方と同じような気がしました。

僕はドラゴンボールに出てくる元気玉という技が好きです。みんなの小さな力をあわせて大きな力を作るというコンセプトの必殺技ですが、大きな問題にはそうやって取り組んでいかなければいけないんだと思います。



来年のサミットは北海道の洞爺湖でおこなわれるものです。で、当然日本でおこなわれるサミットなので、議長国は日本になります。この2008年の北海道・洞爺湖サミットは環境問題を主要なテーマに取り扱われるそうです。京都議定書以降の新しい枠組みを作ることができるのでしょうか、来年のサミットに注目です。
環境ニュース | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comshop-eco.jugem.jp/trackback/35
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ

loading
環境コム