環境コム

コムショップ通販のメンバーによる環境問題について考えていくブログです。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 北極の氷、観測史上最小 | main | や −屋久島に行ってみたくない日本人なんていないっ− >>

も −もやしもんは大豆インクを使用−

『もやしもん』ご存知ですか?

知らない方もいらっしゃるかもしれません。

「もやしもん」とは石川雅之という人が書いているただいま連載中のマンガなんですが、主人公が農大生なんですが、ちょっと変わっていて菌が見えるんです。まあ、その特異な能力ゆえに騒動に巻き込まれたり、巻き込んだりしていくお話です。

農大で菌とウイルスを中心に話が展開していくんです。

主人公から見える菌やらウイルスはデフォルメされていて可愛らしいです。しかも主人公と菌たちは会話を交わしたりします。

そしてなんと2007年10月にはアニメ化されます。凄いぞ「もやしもん」。主人公が農大生で菌が見えるマンガがアニメ化されるなんて凄すぎます。



で、そのマンガ版「もやしもん」の第1巻なんですが。

帯にでっかく

もやしもんは大豆インクを使用。
大豆インクは大豆油を主原料としたインクです。
大豆油は食用油、マヨネーズ、マーガリンなどに使われています。

カバー帯は古紙100%再生紙を使用。


と書いてあります。

「もやしもん」の内容はさておき、「大豆インク」って環境にいいんでしょうか?
少し気になったので調べました。

結果からいってしまうと「大豆インク」でググると「環境」という言葉がオマケのようにどんどんついてきます。大豆インクは環境に優しいインクの代名詞のようです。これは従来の印刷用のインクが石油から作られていて揮発性のため印刷中に蒸発して大気汚染の原因となるらしいんですね。これを大豆インクにすると、植物性の油成分のため有害な揮発性有機成分が大気中に出なくなります。また再生紙を作る際、石油系の溶剤を使ったインクより簡単に紙とインクと分離できます。使用中も使用後も環境に優しいインクということなんです。

でも裏話としては大豆インクは本来、環境に配慮してつくられたものではなくて、1979年アメリカで石油の供給が不安定になり、石油溶剤の代用として、野菜から採れる油をテストした結果、大豆が選ばれたそうです。

でも結果として地球環境にやさしければそれでOKですね。

そんなわけで「もやしもん」は「大豆インク」を使用しているそうです。
環境アイウエオ作文 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comshop-eco.jugem.jp/trackback/68
この記事に対するトラックバック
環境にやさしい大豆油インク使用ランチケース 使い捨て ビーベア 3P商品価格:298円レビュー平均:0.0環境にやさしい大豆油インク使用キッズランチ 使い捨て ケース商品価格:298円レビュー平均:0.0クチコミで人気の豆をのせるヨーグルトの食べ方が商品になってしまい
大豆 インク | 大豆 | 2007/09/01 6:51 AM
にほんブログ村 環境ブログへ

loading
環境コム